ショッピングカート

カートは空です

買い物を続ける

MichaelMichaud

ヒナゲシのペンダント - プチ

¥19,250

第一次世界大戦の塹壕戦がフランダースのヒナゲシの畑で起きたことから、ヒナゲシは戦時中に死亡した兵士の象徴となっています。ヒナゲシが使用され始めたのは、第一次世界大戦の詩「フランダースの畑で」がきっかけです。その最初の句には、フランダースで兵士の墓地があった場所が耕された後、生えてきた最初の花であった多くのヒナゲシが登場します。11月11日の記念日には彼らを追悼するためヒナゲシ、またはその造花が着用されています。

素材::ヒナゲシのペンダントはブロンズとで鋳造されています。赤いグラスの花びらとピーコックグリーンの淡水パールが付いています。

サイズ:チェーン:長さ 16インチ~17インチ(調節可能)、ペンダント:長さ 0.9インチ

 



商品についてのご注意:
  • 商品の入荷時期によって ワイヤーやチェーンのカラー・仕様が画像と異なる場合 があります。(※画像のワイヤーがシルバーでもゴールドになる場合等がありますので、ご希望がありましたら事前にお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。)

  • 1点1点すべてニューヨークの工房にてハンドメイドで作られており、画像と実物の色味や形などが若干異なる場合があります。

  • 経年変化しますと、ブロンズが自然の葉のように緑色から全体的に茶色っぽくなる場合があります。よりアンティークな雰囲気をお楽しみ下さい。

  • 使用頻度によりチェーンなどが汗で黒っぽく変色する可能性がありますのでご注意ください。
お手入れ方法:こまめに乾いた布で優しく拭いていただき、箱に保存していただくと変色しにくくなります。

ヒナゲシのペンダント - プチ

¥19,250